100ポケforBW 環境考察③ トップメタ

今回はかくとうタイプについての記事のはずでしたが、予定変更。

まずは”ミルホッグ”の紹介です。です。前回でもチラッと登場しましたね。

ミルホッグ

●ノーマル
●H60/A85/B69/C60/D69/S77
●はっこいう/するどいつめ
●たいあたり/にらみつける/かみつく/がまん/みきり/すなかけ/かみくだく/さいみんじゅつ/あやしいひかり
●あく

多分トップメタです。進化前の”ミネズミ”は遭遇回数が多く、捕獲は容易です。それにしても、覚えられる技に不穏な予感しかしません。優秀な変化技が2つ。さらに比較的高めのS77。下手をすると詰みます。
対策の一つは”カゴのみ”を持たせることです。

ムンナ

エスパー
●H76/A25/B45/C67/D55/S24
●よちむ/シンクロ
●サイコウェーブ/まるくなる/おまじない/あくび/サイケこうせん/ふういん/つきのひかり/さいみんじゅつ
エスパー

ムシャーナ

エスパー
H116/A55/B85/C107/D95/S29
●よちむ/シンクロ
●まるくなる/おまじない/サイケこうせん/さいみんじゅつ
エスパー

ムシャーナ”は今企画中の最高耐久をもちます。まあ捕獲はできたらラッキー程度ですが。ともあれ”ムンナ”も優秀です。かくとうタイプに弱点を突けます。
マメパトでも同様に弱点を突けますが、突かれる弱点タイプの違いで差別化できます。かくとうタイプであるドッコラーのいわおとしで弱点を突かれるので、こちらがお勧めです。ただし、”ミルホッグ”に弱点を突かれるのは辛いです。

ダゲキ

●かくとう
●H75/A125/B75/C30/D75/S85
●がんじょう/せいしんりょく
●いわくだき/にらみつける/がまん/きあいだめ/にげどり/ローキック
●かくとう

ナゲキ

●かくとう
H120/A100/B85/C30/D85/S45
●こんじょう/せいしんりょく
●しめつける/にらみつける/がまん/きあいだめ/ちきゅうなげ/あてみなげ
●かくとう

ーマルタイプに弱点を突けて、たしかに種族値は凄い。
ダゲキ”は”ミルホッグ”に上から一致技を放てそうなのは魅力的です。しかし、捕獲するのが面倒&後半。つまり、Lv20に至るのが難しいということです。
”ナゲキ”は”ムシャーナ”に迫る高耐久、そして”それ”よりかは捕獲しやすいですが・・・、やはり成長しきらないでしょう。
だが、しかし、採用する価値は大いにアリィィ!

次回は、私の選出する3体です。

100ポケforBW 環境考察② 前書き+御三家

こんにちは。リア友と100ポケをすることになりました。

相変わらずの無断転載。
【解説実況】100分でポケモン育ててバトル!【BW編】 - YouTube

これのパクリです。
前回記事では捕まえられる可能性のある、ヤグルマの森の外までのポケモン一覧を挙げました。多分、まだまだ進めますが、ここでは考えません。

ところで、種族値を載せはしましたが、あれらはあくまで参考程度のものです。乱数調整をすれば別ですが、実数値は運です。これは100ポケの魅力の1つであります。

ついでに他の魅力も挙げておきましょうか。
普段は使用しないポケモンにスポットが当たります。後述しますが、普通はミルホッグなんてメタる必要ないでしょう?
100分という時間の中での極限の集中力を味わえます。今回リア友とする際の細かなルールはまだ決めてはいませんが、おそらく参加者全員で同じ場、同じ時間で100分間ということになると思います。そのときの一発勝負というプレッシャーがどう影響するのかは楽しみです。プレイヤーの臨機応変さが問われることになるでしょう。

閑話休題。やはり勝つには対策が必要となります。この100ポケでは使用可能なポケモンの数が非常に少ないです。つまり相手のポケモンを読みやすいということです。さらに言いますと、それは相手も同じですので高度な読み合いが発生するということです。

もはや、じゃんけん・・・とはならないのが、この100ポケ。前述の通り、個体値という運も絡みますし、不慮の事故も付き物です。それらを全て考慮して、どうパーティーを作るかが重要となります。

御三家選び

最重要なのは間違いなく、御三家選びです。進化するため確実に高い個体値をもっていてパーティーの要になること、三猿も決定されること、この2つが主な要因です。
そのため、三猿も視野に入れながら考察します。

ジャノビー

●くさ
●H60/A60/B75/C60/D75/S83
●しんりょく
●たいあたり/にらみつける/つるのムチ/まきつく/せいちょう/グラスミキサー/やどりぎのタネ
●くさ

100ポケ環境では割と優秀なS種族値をもっています。前述の通り過信できないとはいえ、安心できるものがあります。
御三家の中では攻撃技のレパートリーに不安がありますが、変化技が豊富です。上手く”まきつく”が決まれば、かなり強いかとは思います。
貰える三猿は”ヒヤップ”で、覚えるタイプ一致技の威力は三猿の中では一番低いです。

チャオブー

●ほのお/かくとう
●H90/A93/B55/C70/D55/S55
●もうか
●たいあたり/しっぽをふる/ひのこ/かぎわける/まるくなる/ニトロチャージ/つっぱり/スモッグ
●ほのお/かくとう/どく

ストーリーは一番進めやすくなるんじゃないかな(適当)。
かくとう技がタイプ一致で使える点には注目。ニトロチャージも間違いなく強い。S一段階上昇からのもうか発動で、3タテも夢じゃないとは思う。
三猿は”ヤナップ”で、三猿の中では唯一の特殊タイプ一致技をもっています。”やどりぎのタネ”は”ジャノビー”での運用には劣りますが、確かに強い技ではあります。

フタチマル

●みず
●H75/A75/B60/C83/D60/S60
●げきりゅう
●たいあたり/しっぽをふる/みずでっぽう/みずあそび/きあいだめ/シェルブレード/れんぞくぎり
●みず/むし

御三家の中では最も高いタイプ一致技を打てます。地味に、もしもという時の”ムシャーナ”対策でむしタイプの技をもっているのは強いのかなという気がします。
三猿は”バオップ”で、三猿単体の能力では最も強いと思います。”あくび”を覚えます。

三猿の採用について

メリットとしては、3タイプという優秀な技範囲、御三家の補完、他人ポケの早い成長が挙げられます。
デメリットとしては、枠が非常に狭くなることです。特にかくとうタイプの採用と対策がしづらくなることが痛手です。 決して高い種族値でもないです。
正直言って好みだとは思います。安定を取って使うもよし、使わないもよし。

次回は、かくとうタイプについての解説の予定です。ではは。

100ポケforBW 環境考察①

まずは、一覧を。次回から解説に。

ジャノビー

●くさ
●H60/A60/B75/C60/D75/S83
●しんりょく
●たいあたり/にらみつける/つるのムチ/まきつく/せいちょう/グラスミキサー/やどりぎのタネ
●くさ

チャオブー

●ほのお/かくとう
●H90/A93/B55/C70/D55/S55
●もうか
●たいあたり/しっぽをふる/ひのこ/かぎわける/まるくなる/ニトロチャージ/つっぱり/スモッグ
●ほのお/かくとう/どく

フタチマル

●みず
●H75/A75/B60/C83/D60/S60
●げきりゅう
●たいあたり/しっぽをふる/みずでっぽう/みずあそび/きあいだめ/シェルブレード/れんぞくぎり
●みず/むし

ハーデリア

ノーマル
H65/A80/B65/C35/D65/S60
いかく/すなかき
にらみつける/たいあたり/かぎわける/かみつく/てだすけ/とっしん/ふるいたてる
あく

ミルホッグ

●ノーマル
●H60/A85/B69/C60/D69/S77
●はっこいう/するどいつめ
●たいあたり/にらみつける/かみつく/がまん/みきり/すなかけ/かみくだく/さいみんじゅつ/あやしいひかり
●あく

タブンネ

● ノーマル
●H103/A60/B86/C60/D86/S50
●いやしのこころ/さいせいりょく
●はたく/なきごえ/てだすけ/リフレッシュ/おうふくビンタ/メロメロ/ひみつのちから

レパルダス

●あく
●H64/A88/B50/C88/D50/S106
●じゅうなん/かるわざ
●ひっかく/なきごえ/ねこのて/すなかけ/みだれひっかき/おいうち/いちゃもん
●あく

ヤナップ

●くさ
●H50/A53/B48/C53/D48/S64
●くいしんぼう
●ひっかく/にらみつける/したでなめる/つるのムチ/みだれひっかき/やどりぎのタネ/かみつく
●くさ/ゴースト/あく

バオップ

●ほのお
●H50/A53/B48/C53/D48/S64
●くいしんぼう
●ひっかく/にらみつける/したでなめる/やきつくす/みだれひっかき/あくび/かみつく
●ほのお/ゴースト/あく

ヒヤップ

●みず
●H50/A53/B48/C53/D48/S64
●くいしんぼう
●ひっかく/にらみつける/したでなめる/みずでっぽう/みだれひっかき/みずあそび/かみつく
●みず/ゴースト/あく

ムンナ

エスパー
●H76/A25/B45/C67/D55/S24
●よちむ/シンクロ
●サイコウェーブ/まるくなる/おまじない/あくび/サイケこうせん/ふういん/つきのひかり/さいみんじゅつ
エスパー

ムシャーナ

エスパー
●H116/A55/B85/C107/D95/S29
●よちむ/シンクロ
●まるくなる/おまじない/サイケこうせん/さいみんじゅつ
エスパー

マメパト

●ノーマル/ひこう
●H50/A55/B50/C36/D30/S43
●はとむね/きょううん
●かぜおこし/なきごえ/にらみつける/でんこうせっか/エアカッター/はねやすめ
●ひこう

シママ

●でんき
●H45/A60/B32/C50/D32/S76
ひらいしん/でんきエンジン ●でんこうせっか/しっぽをふる/じゅうでん/でんげきは/でんじは/ニトロチャージ
●でんき/ほのお

オタマロ

●みず
●H50/A50/B40/C50/D40/S64
●すいすい/うるおいボディ
●あわ/なきごえ/ちょうおんぱ/りんしょう/バブルこうせん/マッドショット/アクアリング
●みず/じめん

ドッコラー

● かくとう ●H75/A80/B55/C25/D35/S35
●こんじょう/ちからづく
●はたく/にらみつける/きあいだめ/がまん/けたぐり/いわおとし/めざましビンタ
●かくとう/いわ

ダゲキ

●かくとう
●H75/A125/B75/C30/D75/S85
●がんじょう/せいしんりょく
●いわくだき/にらみつける/がまん/きあいだめ/にげどり/ローキック
●かくとう

ナゲキ

●かくとう
●H120/A100/B85/C30/D85/S45
●こんじょう/せいしんりょく
●しめつける/にらみつける/がまん/きあいだめ/ちきゅうなげ/あてみなげ
●かくとう

ダンゴロ

●いわ
●H55/A75/B85/C25/D25/S15
●がんじょう
●たいあたり/かたくなる/すなかけ/ずつき/ロックブラスト/どろかけ/てっぺき
●いわ/じめん

コロモリ

エスパー/ひこう
●H55/A45/B43/C55/D43/S72
●てんねん/ぶきよう
●ねんりき/かぎわける/かぜおこし/ダメおし/ハートスタンプ/ふういん
●あく/エスパー/ひこう

モグリュー

●じめん
●H60/A85/B40/C30/D45/S68
●すなかき/すなのちから
●ひっかく/どろあそび/こうそくスピン/どろかけ/みだれひっかき/メタルクロー/あなをほる
●はがね/じめん

わざマシン

いあいぎり/ふるいたてる/かたきうち/いわくだき/どろぼう

●タイプ
●H/A/B/C/D/S
●とくせい
●覚える技
●ノーマルを除く覚える技のタイプ

アニメ『Fate/Zero』のススメ

こんにちは。こちらでは久しぶりの投稿です。最近サントラを買った『Fate/Zero』というアニメについて紹介。

まず、私はstaynightよりzero派ですので悪しからず。fgoは辞めました。原作は読んでいません。
あと、あくまで個人の意見です。

Fate/Zero』は『Fate/stay night』のスピンオフ作品で、虚淵玄さんが原作者です。
虚淵さんといえば、まどまぎ、鎧武、アルドノアゼロ、そしてfate zeroが私の中では強いですね。



では、この作品何がいいか。ストーリー、作画、音楽。



・・・完璧じゃねぇーか。



ストーリーはstay nightの壮大な世界観の上に成り立っています。



ですが、zeroから観て全く問題はないでしょう。
なぜなら、zeroのほうが世界観がわかりやすくなっているから。初めに長々と説明してくれます。



話は、魔術師7人と、7人それぞれが使役する英霊7人によるバトルロイヤル。つまりは、魔術師1人と英霊1人がセットで、一つの陣営になります。



その14人の中にモブはいない。皆が魅力的なのです。



衛宮切嗣アーサー・ペンドラゴン。
この陣営は、正義のために戦う狂人と、ブリテンの騎士王のペアです。
話の根幹になるペアです。
衛宮切嗣の狂人っぷりはご自身の目で確かめてください。
で、騎士王さんですが、女性です。他の英霊と関わってちょっと成長します。


ネタバレしないようにと思うと、難しいな。





次、言峰綺礼、ハサン。己の存在について苦悩する狂人と、暗殺者です。
ネタバレになるので、これは思いっきりパス。
でも、これだけは。言峰綺礼のために、先にzeroを見る価値はあると思う。





遠坂時臣ギルガメッシュ。一番マトモな人と傲慢王。
時臣が一番、人としてマトモだと思うんだけどね。
それはさておき、傲慢王こと、ギルガメッシュメソポタミア神話の人。
強い。強すぎる。かっこいい。「戯け。」という言葉にはまること間違いなし。綺礼に興味を示しているようだが・・・。




間桐雁夜、バーサーカー。時臣に恨みをもつ狂人と、・・・。まあ、バーサーカーについては見てください。
雁夜は時臣に恨みをもつが、相性は悪いんだなー。
ちなみに、バーサーカーは、時臣のギルガメッシュとの相性はいいです。




ウェイバー・ベルベットイスカンダル。真の主人公と、マケドニアの征服王。
魔術師と英霊との関係はピカイチ。
ウェイバーくんは一番成長します。
イスカンダルのアーサーへの説教は必見。
ウェイバーとイスカンダルのラストシーンは、もっと必見。




ケイネス・エルメロイ、ディルムッド。・・・うん。一番可哀想な陣営。
ディルムッドの男前が必見。




雨生龍之介、ジル。
殺人鬼と青髭。一番楽しそうだった陣営。
嫌いじゃないよ。むしろ好き。




はい、主要登場人物終わり。次は作画。

観ればわかる。



はい、次。曲。

聞け。



梶浦由記。LISA。蒼井エイル。とかとか。

空は高く風は歌う」が一番好き。





最後駆け足だったけど以上。小説買おうかなー。眠いときに書いたから文章ぐちゃぐちゃでごめん。


では。

おすすめ『小説家になろう』小説(最終2018/10/26)

転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。
https://ncode.syosetu.com/n6316bn/

なろうと言えばこの作品と、思うほどの作品。中だるみはあまり感じないし、意味のないハーレムもつくらない。主人公は明らかにチートなんだけど、あまりそれを感じさせない。他のキャラが立っている。
完結しているし、書籍版、コミック版共に売れているというのもポイント。

ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~

「これは永遠に恋をする物語」
 伯爵家次男トゥリウス・シュルーナン・オーブニルは、現代日本から異世界に生まれ変わった転生者である。即ち、一度は死を経験した身であるということだ。自分が生まれ変わった理由は分からない、次も生まれ変われるかもまた同様。そして、何より死ぬのが怖い――である以上、死なないようになるしかない。この世界特有の力である魔法、その一種である錬金術。これを極めることで、不老不死に至れるという。彼はそのことに救いを見出し、何としても錬金術の最秘奥に手を伸ばそうと生き足掻く。たとえその為に、何を犠牲にしようとも。
 幼い頃より彼を慕う奴隷のメイド。伯爵家の家族。冒険者。奴隷。民。貴族。国。人間。人間ではない存在……たった一人の男の妄念が、数多の人生を変え、歪め、壊していく。それでもトゥリウスの歩みは止まらない。全ては、彼が焦がれる永遠へと辿り着く為に。
https://ncode.syosetu.com/n9016cm/

これぞ悪役ストーリー。躊躇なく実験で奴隷を殺しまくったり、脳改造をしたりしたりする。それが問題ないなら楽しめると思う。
個人的には魔導学園のくだりが一番好きです。
現在更新停止中。

Garden of Clockwork

VRMMO。深淵に臨む。
https://ncode.syosetu.com/n3889du/

VRMMOとホラーをかけあわせた作品。ログアウト不能にはなるけど、デスゲームではない(一応)。(一応)っていうのはこの作品を読んだらわかってもらえるかと。
SCP財団のHP見るのも楽しいと思う。
現在更新停止中。


用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。
魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。
その際、得られるはずの力をとある生徒にぶんどられてしまった一般人の用務員さん(三年契約延長なし。三流私大卒業後就職に失敗、派遣や契約社員で食いつないできた25歳、用務員二年目、手取り月給12万弱)。
ぶんどられた用務員さんを不憫に思った神様に用務員さんが願ったことは……。
http://ncode.syosetu.com/n4202cb/

かわいそうな用務員さんが頑張る話。
ヒロインが雪豹なんだけど、最大の特徴は、擬人化しないところ。凄いよね。
話は暗いけど忌避感はなかったので、不思議だ。

おすすめアニメ(最終2018/10/26)

沢山の作品を見たというわけでもないし、食わず嫌いとか長いから見てないとか、そんな作品も沢山ありますが。布教活動の一環としてね。
違法視聴、ダメ、ゼッタイ。

続きを読む